もものブログ

前に進めない現実

共倒れ

私と将吾はお互いヘトヘトになり私は酒に逃げた。

毎日、毎日大量の酒を飲み睡眠薬で眠る。

寝ている時は何も考えずに幸せだった。

仕事も1年以上前からオーナーにパワハラを受け弱り目に祟り目でついに退職した。

かなりの指名客を持っていた私は誰にも挨拶する事なく店を去った。

その反動もあり朝からビールを寝るまで飲み続け睡眠薬も何十錠も飲む毎日。それ程壊れていた。

当然暴走し暴れ回る。

しかし全く記憶にはない。

私は溜め込むタイプ。タガが外れるとこの手のタイプは恐ろしい。

将吾に送ったメールも呪文の様に意味不明。

何を毎日電話で話したかも記憶から抜けていた。

いっぱいいっぱいだった。

帰る帰ると言いながら帰って来ない将吾。挙句の果てには私が全て悪いと言い放つ。

でも別人のように酷い暴言の後は優しくなり時には泣いて俺はおまえしか居ないと。

私が決して将吾を棄てる事は無いと信じてたようだ。